So-net無料ブログ作成
検索選択

スポンサードリンク

看護師さんの就職・転職活動 FAQ

||看護師さんの就職・転職活動 FAQ


|登録について

Q. 登録をする時や、紹介された求人先で就職が決まった時に、費用はかかりますか?

A. いいえ、一切かかりません。
看護師会員の皆様には、すべて無料で求人先をご紹介させていただいておりますのでご安心ください。(求人先からの広告料などで運営しております。)

Q. 会員登録をすると、どんなメリットがありますか?また、就任までどのくらい時間がかかりますか?

A. 一人ひとりに対して、専任のキャリアコンサルタントが1名つき、ご希望条件などを詳しくヒアリングした上で、一人ひとり合った求人先をご紹介いたします。ご希望の病院・企業の雰囲気、詳しい情報なども得ることができますし、新聞や求人誌にも載っていない幅広い求人情報も見ていただけます。

言い出しにくい給与面や休暇などの条件も、弊社キャリアコンサルタントが代行して確認・交渉いたしますので、お一人で就職活動される時よりも良い条件や良い情報での就職が出来ると思います。
また、希望に合った求人が見つかれば、早くて2週間で就任先が決まります!

Q. 在職中・在学中やブランクがあっても求人を紹介してもらえますか?

A. はい、ご紹介できます。
在職中・在学中の方にもご希望をお伺いし、希望に合う求人をご紹介します。
またブランクがあっても、看護師としてのご経験やその時のお仕事内容などをお聞きし、安心して働ける職場をと案内いたします。就職を探す時に大事なことは看護師としてのブランクよりもブランクを補うためのやる気です!

Q. 就職活動を他人に知られたくないのですが・・・。

A.ご安心ください。
看護師さんの確認なしで、個人を特定できるような情報、または連絡先を求人先に明かすことはいたしません。

Q. 初めての転職で、なかなか方向性や希望が定まらない場合でも相談にのってもらえますか?

A. 弊社スタッフがじっくりお話をお伺いした上で、キャリアや状況を踏まえて、ベストな方向性をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。



|求人探し

Q. 看護師の求人情報はどのようなところがありますか?

A.一般病院・クリニック・老人介護保健施設・有料老人ホーム・訪問看護・・など様々な求人情報を取りそろえております。
転職支援サービスなら、急性期の病院でバリバリ働きたい!療養病棟で高齢者医療に携わりたい!訪問看護に挑戦したい!・・・など、看護師さんの意欲とご希望に合う求人をコンサルタントがお探しします。

Q. 日勤のみで働きたい! でも、正社員は無理でしょうか?

A. パート待遇が大半を占めるのは事実ですが、中には正社員採用の求人もございます。
当サイトの看護師求人検索では「日勤のみOK」の求人を検索することが出来ます。
もし、ご希望の求人が見つからない場合は、一度コンサルタントにご相談くださいね。

Q. 子供が小さいので託児所つきの病院で働きたいのですが・・・。

A.託児所を完備している病院は増えています。
当サイトの看護師求人検索では「託児所あり」の求人を検索することが出来ます。
また、お近くの託児所ありの勤務先をコンサルタントがお探ししますので、是非一度ご相談ください。



|面談・見学

Q. 面接当日の服装・持ち物に関しての注意点を教えてください。

A. 髪型、指先、メイクは清潔に。スーツ、またはそれに準ずる服装で行って下さい。
持ち物は、筆記用具ほか担当者から指定された物など忘れずに。
また、面接先の『求人票』、質問事項もまとめておくとスムーズに進められます。


Q. 面接の時によく聞かれる質問と、模範解答を教えてください。

A. 全て下記のとおり言えば良いというわけではありませんが、面接時に看護師さんがお困りにならないように模範解答をお答えさせていただきます。

1)現在の勤務先ではどんなお仕事をしていますか?
病棟、外来、また担当診療科目などお応えください。
そのなかで身についたこと、やりがいを感じられたこと、得意であったこと、工夫してうまく行ったことなど、アピールを挟んでお話しいただけるとよいですね。ただし、今回の就職でより広い可能性をお求めの看護師さんは、経験科目や業務内容にこだわりすぎる印象を与えないよう、心掛けましょう。

例 「急性期病院の外科病棟で主に消化器系の術前・術後のケアをしています。看護師として最先端の医療に携わり、有意義な経験が多くできました。動きの多い病棟ですので、臨機応変な対応能力はすごく身についていると思います。」

2)どうして今のお仕事を辞めるのですか?転職をする理由は何ですか?
意外と多い質問です。キャリア/スキルアップ、結婚や出産、家族のお世話などに伴う生活環境の変化など、正直にお話しください。なかには、ネガティブ要素があって就職を考える方もあると思います。そういう場合も、“ポジティブ”に伝えられるよう、整理しておきましょう。看護師さんお一人で悩んだりされないで、お気軽に担当キャリアコンサルタントにご相談下さい。また、面談当日も同席スタッフが隣におります。ご安心くださいね。

例 「看護師として患者さんやご家族の声をきちんと聞き、よりあたたかい看護をしていきたいと思い、今回、療養型病院への転職を希望しています。現在の勤務先でも、そのことには十分気をつけていますが、やはり、慌しさもあり・・・貴院は看護基準も非常に高いですし、何より、“患者さん、ご家族との対話”を大切にしてらっしゃると聞いています。自分らしい看護ができると期待しています。」


Q. 面談時に聞いておくことのポイント・見ておくことのポイントは?

A. 看護師さんご自身で気になる点を聞いておく・見ておくことはもちろんですが、下記の点を気をつけて聞いておく・見ておくことで、今後のお仕事に支障が出にくくなると思います。
1 実勤務の仕事内容(希望する職務ができるかどうか)
2 病院さんの方針や理念など
3 病院、スタッフの現場の雰囲気、年齢層など
4 患者さんの様子、雰囲気など
5 ご自宅からの通勤経路、交通機関の便、時間など
6 休日、残業時間など勤務条件や環境など


Q. 面接官は誰になりますか?

A. 病院・施設によりますが、看護部長/看護師長さんなど現場責任者の方と、事務長(事務関係責任者)の場合が多いですね。



|就職・入職

Q. 面談結果の合否はいつごろ結果がわかりますか?

A. だいたい、1週間以内には結果が出ます。(中には当日にお返事をくださるところもございます。)
「転職支援サービス」を利用の方は、担当コンサルタントから直接看護師さんへお知らせします。
病院/施設などの求人先より直接連絡が行くことはありません。


Q. 希望している条件と合わないので、内定を辞退したいのですが・・・

A. 辞退する場合は、なるべく早く電話で直接連絡をし、丁重にお詫びしましょう。
ご辞退の理由が、勤務時間・就任時期などでしたら調整可能の場合もあります。一度面談先に相談してみるのも良いかもしれません。
また、「転職支援サービス」を利用の方は、弊社が代わって行いますのでご安心下さいね。



|転職活動全般

Q. 就職活動は、どの位前から始めると良いですか?

A. 中途採用の場合、病院・企業の求人情報収集は3ヶ月から半年前くらいから始め、実際に面談して就職先を決めるのは退職する1ヶ月前から半年前など、人によって様々です。
ただ、企業・病院の募集も大体1ヶ月前くらいに出ることが多いのであまり前から活動を始めていても、自分の退職時期と採用側の希望時期が合わない場合もあります。
辞める時期を特に決めていない場合は、転職先を先に探し、新しい職場を決めてから現在の職場に退職届を提出し、1ヵ月後に退職というパターンが多いです。


Q. 転職活動って、まずは何から始めたらよいのでしょう?

A. まずは、自己分析からからスタートです。
1 なぜ転職したいのだろうか(転職しようと思った原因)を考えること
2 そして、その原因を解決すべく、今までの自分のキャリアを整理して進むべき方向性を決めることが重要です。
次に、求人情報収集から始めましょう。(当サイトからもご覧になれます)
そして希望条件に優先順位をつけ、求人先を絞り込んでいくことになります。
求人情報は、様々なものから収集することが出来ます。
求人情報誌、インターネット、ハローワーク・・・など、ご自分の職種にあった探し方をすることが重要です。



|退職の相談

Q. 強い引きとめにあって退職できそうにありません。

A. 退職はまず自分の意思を固めることが重要です。引きとめに心が揺らぐのはどこか決意をしきれていない部分があるのだと思います。もう一度退職したい理由を自分自身の中で明確にして、その気持ちを伝えてみましょう。転職先を見つけてそちらへの気持ちを高めていくのも一つの手です。


Q. 退職時の引継ぎは、どうしたらいいですか?

A. 退職前は、通常業務と引継ぎ業務が重なりますので、多忙を極めます。
引継ぎ業務のリストアップと退職日までの引継ぎスケジュールをしっかり立てることが重要です。上長(上司)と相談のうえ進めてください。
管理責任者を務めている方も同様です。引継ぎは、口頭のみで済ますことはできるだけ避け、紙面、データなど、保管管理できるかたちで行うことをお勧めします。
また、何を誰に引き継いだかも、一覧で確認できるようにするとよいでしょう。


Q. 円満に退職したいのですが、退職の意向はどのように話したら良いでしょうか?

A. 直属の上司に相談がある旨伝え、同僚などがいないところで話をしましょう。
まずは、上長との間で会話をすることが大事です。いきなり「退職願」を上長にわたすのは好ましいとはいえません。
また、退職理由は個人的なこととして、不平不満は言わない方が良いです。現職への感謝も伝えた上で、意思が固まっていることを示しましょう。
転職先が決まっていなくても、明確な退職意思・理由がある場合は上司の理解も得やすくなります。

(画像・説明はCBネットより引用)
nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:求人・転職
Copyright © 医療系求人 【一般 療養 2交替】定番|CBネット  All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。